テキサス、アジア人差別か?韓国人女性暴行される


  

ノースキャロライナ州のマディソン・コーソーン下院議員は、3月23日にトランプ氏のフロリダ州にあるマーアラゴを訪問しました。


その時の写真は、コミュニティーで紹介させて頂きましたが、今回は2人が話している動画をご紹介させて頂きます。


コーソン議員が、トランプ氏を褒めると照れた仕草をするトランプ氏が印象的です。


みなさん、こんにちは。


私はここ、マーアー ラゴで私たちの国の偉大で過去最高の大統領と一緒にいます。


トランプ大統領、2022年には大きなことが起こりますね、大きなことが起こります。


マディソンは私の友人でもあります。 しかし、それ以上に重要なのは、彼が議会で素晴らしい仕事をしたことです、彼には大きな未来があります。


彼は私の完全な支持者でいてくれる、そして、彼は非常に特別な人物であり、彼がやりたいことは何であれ、応援していきたいと思います。


アメリカが第一です、力を合わせて頑張っていきたいです。


コーヘン議員は、議員になる前からトランプ大統領の絶大なファンだと聞いています。


まじかで会えて、一緒に今後のアメリカについて話し合えるなんて夢の様だったと思います。


話は変わります。

テキサス州、ヒューストンの北部で、美容用品店を営む韓国人の女性オーナー、チョン・キムさんが客に暴行される事件が起きました。


事件のキッカケは、5人の黒人女性客らが複数のかつらの陳列棚を倒したときに、店のオーナーのキムさんが、店を出て行くように頼んだ後、口論となったそうです。


その後、5人のうちの2人がキムさんの顔を殴り、鼻に骨折を負わせるほどになぐり、キムさんが血まみれになっているにも関わらず殴り続けました。


キムさんは息子の通訳を経て、テレビの取材に答えました。


2人の容疑者は非常に攻撃的で、キムさんを暴行しながら人種差別的な侮辱する言葉を吐き捨てていました。


容疑者らは、アジア人は闇市場で働くなと大声で叫び、それはアジア人に対しての人種差別だったと述べています。


店内で働いていたキムさんの息子が慌てて、母親を助けようと飛び込み容疑者らを止めに入りましたが、容疑者らは息子のユングさんをも襲い、顔を爪で引っ掻き負傷させました。


最後の話となります。


大統領のジョーバイデン氏が、就任後65日目の3月25日に初めて記者会見を行いました。


バイデン氏は、去年の12月8日に就任100日間で、1億の予防接種を準備出来ると話したが、それよりも早くにその目標を達成できそうだ。 


私は目標を高く設定し、就任100日目にワクチン接種を2億本を準備出来ると述べました。


記者団から、メキシコとの国境に大量の移民が押し寄せている問題について聞かれると、冬の時期には、国境に来る人の数が大幅に増える。これは毎年のことだとバイデン氏は述べ、国境問題の担当にカマラ・ハリス副大統領を任命したと報告しました。


記者団から、、2024年に再選に出馬するかどうかを決めていますかと尋ねられ、バイデン氏は、私の計画は再選に出馬する、それが私の希望だと述べていました。


長々と続いた記者会見でしたが、途中で、ろれつがまわらない場面が多くありました。


最後までご視聴ありがとうございます、3月25日のビーライオンチャンネルでした。




 







コメントを投稿

0 コメント